Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/briddi/www/domains/blue-rainbow.jp/public/wp/wp-includes/post-template.php on line 284
ヨコハマ×VR

【横浜×VR撮影】横浜の歴史を楽しめる無料観光スポット紹介④~ジャックの塔編~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ガイドさんが無料で案内してくれる!ジャックの塔(開港記念会館)に行ってきました


全画面表示

 

横浜のおすすめスポットをTheta(360度カメラ)で撮影し、360°VRブログとして発信していく「ヨコハマ×VR」。

 

無料で楽しめてちょっと横浜の歴史も学ぶことができる、そんな観光スポットをご紹介していくシリーズ第4弾。

 

前回は開港資料館をご紹介しました。

 

今回訪れたのは、昨年100周年をめでたく迎えられた「横浜市開港記念会館」です。

 

横浜三塔の内の一つで、「ジャックの塔」としても有名ですね。

 

全体像が見えるように向かいの道路からVR撮影。

 

見た方はお気づきかと思いますが、この建物、東京駅に感じが似てますよね↓

 

東京駅

 

のちほど似ている理由についても少し触れたいと思います。

 

この開港記念会館、今回初めて行ってみましたがとってもおすすめです!

 

建物内部もステンドグラスだけでなくタイルや階段などの細かい装飾部分まで見ごたえありますし、ボランティアガイドさんが丁寧に説明もしてくれて、全て無料なんです!

 

素晴らしい…。

 

では、今回も施設の概要と私の個人的なツボをざっくりとご紹介していこうと思います。

 

興奮していつもより長めになってしまいました…あしからず…。

 

目次

・開港記念館について

・入ってみよう、そしてガイドさんにつかまろう!

・見どころその①ステンドグラス~黒船来航~

・ステンドグラス意外も細かく堪能すべし

・貴賓室

・見どころその②ステンドグラス~2Fホール~

・ヨコハマの歴史もろもろ

・そしてまた1階へ

・まとめ

 

開港記念館について

開港記念館 外観

 

≪横浜開港記念会館≫
住所:神奈川県横浜市中区本町1丁目6番地
電話:045-201-2100
開館時間:9:00~22:00(※講堂や会議室の利用可能時間)
見学可能時間: 10:00~16:00
休館日:毎月第4月曜日(祝日・休日のときは翌日)、年末年始(12月29日~1月3日)
HP:http://www.city.yokohama.lg.jp/naka/kaikou/

 

ここ開港記念会館は1909(明治42)年、横浜の開港50周年を記念してつくられました。

 

その設計のコンペを勝ち抜いたのが福田重義さんという建築家で、彼は東京駅を設計した辰野金吾さんの弟子なんだそうです。

 

だから少し東京駅と似ているんですね~。

 

その後1923(大正12)年の関東大震災によりドームと内部が消失されましたが、外壁だけは何とか生き残り、再建されました。

 

いま現在は講堂や会議室として利用されています。

 

では中に入ってみましょう!

 

入ってみよう、そしてガイドさんにつかまろう!

開港記念会館 入り口

 

外観を撮り終え中へ向かうと、入り口の階段に「ボランティアガイド」さんがいるとの看板が…

 

へぇ~、そうなんだ~と、見ているとドアが開き、中からおじいさんが「いらっしゃい」とお出迎え。

 

「ガイド付けますからね~!」「○○さん、お願いしまーす」と私の返事を聞く前にすでに決まっていました(;’∀’)

 

一瞬、「ガイドさんいたら(コソコソ)写真撮りづらくなるのでは…」という不安よぎる…。

 

コソコソする必要は別に無いんですけどね…笑

 

でもまあ、せっかくのご厚意ですし、とても詳しそうな方だったのでありがたくお願いすることにしました。

 

ガイドさんに連れられ、まずは入り口から正面に向かって左手へ。

 

開港記念会館 1階 左手奥

 

現在は、先ほどの外観写真の右側にある大きな入り口を正面玄関として利用していますが、昔はココからも色んな人が出入りしていたのではないか、とのこと。

 

この日はそんなにいい天気でもなかったのですが、光の入り方がきれいですね。

 

次に見どころの1つでもある壁面のステンドグラスを見るため、階段をのぼります。

 

この階段がまたカッコいいんですよねー。

 

壁面やドアなどと統一された暗めの茶色の木材の感じとか、手すりの装飾とか…超すてき…。

 

階段をのぼるとすぐにステンドグラスが見えてきます。

 

見どころその①ステンドグラス~黒船来航~


全画面表示

 

おおー、立派なステンドグラス!

 

正面から見るとこんな感じです。

 

開港記念会館 ステンドグラス1正面

 

黒船来航のシーンを表現しているらしいです。

 

ガイドさん曰く、ガラスの一枚一枚もそれぞれ色んな技法を使っていて手が込んでいるとのこと。

 

開港記念会館 ステンドグラス1 アップ

 

本当だ…。

波打っていたり、マーブル模様になっていたりしますね。

すごいなぁ…。

 

ステンドグラス意外も細かく堪能すべし

開港記念会館 階段 手すり

 

ステンドグラスを堪能したのちは、他の細々した部分も堪能しましょう。

 

階段の手すりの細工も良い。

 

開港記念会館 男子トイレ①

 

部屋の標識?サイン?もシブい。

 

開港記念会館 ドア

 

ドアが妙に大きいのも洋風ならではな感じで良い。

 

開港記念会館 ドアノブ

 

たまに現れるアンティーク調なドアノブもかわいい。

 

見どころだらけ…。楽しい…。

 

はっ…

写真を撮りすぎてガイドさんが引いてしまう。

そろそろ次へ行きましょう。

 

貴賓室

開港記念会館 貴賓室1

 

ここが貴賓室。

中には入れませんが、全体は見渡せます。

 

開港記念会館 貴賓室2

 

天井には当初、鳳凰の図柄があったようですが、こちらも関東大震災の際に焼失し、今はシンプルな白地になっています。

 

絨毯がピンクでかわいらしい感じですね。

 

ではそろそろ2Fのステンドグラスを見に行きましょう。

 

見どころその②ステンドグラス~2Fホール~

開港記念会館 ステンドグラス2

 

どどん。

 

うーん、こちらも立派です。

 

両サイドと正面の上部にステンドグラスが施されています。

 

そして奥に見える窓枠がさらに素敵度をあげていますね…。

 

もはやミステリー小説の舞台になりそうです(誉め言葉)。

 

360°のVRでもう一度。

 


全画面表示

 

他にも何組かガイドさんに案内されている方達がいました。

 

開港記念館 時計塔の階段

 

こちらは時計塔につながる階段。素敵がとまらない…。

 

階段の上をのぞいてみると結構高さがあるのが分かります。

 

ヨコハマの歴史もろもろ

開港記念館 古地図

 

このホールにはステンドグラス以外にも色々と横浜の歴史を知ることができる絵や地図、資料などが展示されています。

 

上の古地図は開港してしばらくしたのちに、治安維持のため外国人居留地を出島のようにして橋をかけ、関所を設けた様子が描かれています。

 

関所の中ということから、現在の「関内」になったそうです。なるほどなぁ…。

 

ガイドさんのおかげで横浜について少し詳しくなりました。

 

開港前の横浜の様子を描いたものもあります。それがこちら↓

 

開港記念会館 横浜村

 

言っちゃあなんですが、ザ・ド田舎って感じですね。

150年でよくこんなに発展したなぁ…。

 

ではそろそろ1階へ戻ります。

 

1階の素敵ポイント

開港記念会館 階段

 

はい。階段を下りて戻ってきました。

 

そしてやはり階段が素敵…。

 

その他にも1階にはたくさん素敵ポイントがありました。

 

まず入ってすぐの床にあるタイル。

 

開港記念会館 タイル

 

なんか東欧の刺繍みたいでかわいい。

 

そして照明。

 

開港記念会館 照明

 

素敵すぎて事件が起こりそうです…。

 

そしてもはや手間かけすぎてツッコミたくなる柱。

 

開港記念会館 1階 柱

 

これが四隅にあります。豪華…。

 

入り口正面の大きなドアはホールや会議室として利用されているため普段は閉じられていますが↓、

 

開港記念会館 正面

 

毎月1回、15日の前後に「一般公開日」が設けられ、この中も見学できるようです。

詳しくはこちらまで。

 

まとめ

開港記念会館 岡倉天心

 

いやー、楽しかったなぁ。

 

ガイドさんにも色々教えてもらえて勉強になりました、建物自体も見ごたえありまくりでした。

 

これでも結構割愛したつもりなんですが、長くなってしまいましたね。

 

上の写真はこの開港記念会館のすぐ前にある岡倉天心(現東京藝大の設立に貢献した人物)の石碑です。

 

元々は岡倉天心が住んでいた生家というか商館の跡地がここ開港記念会館なんだそうです。

 

ガイドさん曰く天心が書いた「茶の本」がとてもおススメとのこと。今度読んでみます。

 

それでは今回はこの辺で。

 

☆インスタグラムもやっています☆

 

←前の記事”【横浜×VR撮影】横浜の歴史を楽しめる無料観光スポット紹介③~横浜開港資料館編~”へ

→次の記事”【横浜×VR撮影】桜だけが花見じゃない!~花見の名所掃部山公園に行ってみた~”へ

【横浜×VR】一覧ページ

 

The following two tabs change content below.
seiko.
ストリートビューのカメラマンをしています。趣味は食べ歩き。良い感じの喫茶店に出会うと胸がときめきます。目標はどんな場所でも一件は「この辺ならココが美味いんだよねー」ってなることです。人見知りするくせにひとり旅が好きで困ってます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*