Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/briddi/www/domains/blue-rainbow.jp/public/wp/wp-includes/post-template.php on line 284
ヨコハマ×VR

【横浜×VR撮影】横浜の歴史を楽しめる無料観光スポット紹介②~キングの塔編~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キングの塔(神奈川県庁本庁舎)の知られざる魅力をご紹介!


全画面表示

 

こんにちは!せいこです。

 

横浜のおすすめスポットをTheta(←360度カメラ)で撮影し、360°VRブログとして発信していく「ヨコハマ×VR」。

 

横浜には観光スポットがたくさんあり選ぶのは難しいのですが、

 

今回は、意外と中に入ったことある人は少ないであろう「キングの塔」こと神奈川県庁本庁舎をご紹介します!

 

もくじ

・キングの塔について

・見学自由!勇気を出して入ってみよう!

・華麗なる一階

・一階の個人的なツボ

・展示室もあり

・屋上からの眺め

・まとめ

 

キングの塔について

≪神奈川県庁本庁舎≫
住所:横浜市中区日本大通1
公開:月曜日~金曜日 8:30~17:15
HP:http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f380088/

 

はい。こちらです。
立派ですね。

 

横浜三塔として「キング(神奈川県庁本庁舎)」、「クイーン(横浜税関本関庁舎)」「ジャック(横浜市開港記念会館)」の愛称で親しまれており、ご存知の皆さまも多いのではないでしょうか。

 

この建物は昭和3年(1928)に出来たそうです。

90年も経つのか~。

 

公式HPによると、この外観部分は和洋折衷で、旧帝国ホテルなどを設計した近代建築の巨匠フランク・ロイド・ライトの手により生まれたライト様式と言われる建築様式であり、スクラッチタイルと大理石を用い、幾何学的な装飾模様が特色とのこと。

 

重厚感ありつつも、尖塔や装飾部分の青緑が洒落た雰囲気出してますよね。

名古屋の明治村で見た帝国ホテル中央玄関を何となく思い出すなーと思ったらこちらもロイド様でした。

 

建築についてさほど詳しくはありませんが、古い建物を見るのは好きなので、ワクワクしながら中へGOです!

 

見学自由!勇気を出して入ってみよう!

 

こちらが入り口。

漢字がシブい。きっと建設当時から変わってないんだろうな・・。

 

歴史を感じつつ中へ。

 

玄関には警備員さんがいる為やや入りにくい雰囲気ですが、平日は一般開放されていますので

気にせず入ってみましょう。

 

華麗なる一階

 

こちら玄関入ってすぐの部分。

 

雰囲気ありすぎる階段…

テレビとかに使われてそう…

 

と思ったら、やはりロケにも使われたことが何度もあるようで、あの有名な「華麗なる一族」や、また別の場所ですが「HERO」などでも使用されたようです。

 

キムタク率高めですね…。

 

こういう廊下とかもテレビで見たことある気がします。

 

 

ここで個人的に気になったポイントをご紹介。

 

一階の個人的なツボ

 

1階を見渡して個人的にツボだったのは、やはり頭上に輝くこの照明。

カッコいいなぁ…。

 

照明の光に照らされることで、天井にそれとなくあしらわれた装飾部分が引き立っています。

 

あとこのドアも地味にツボ。

 

 

特に目立つ感じではありませんが、妙に重そうな感じと「102」の字体に古さを感じます。

 

さて、1階をウロウロしたところで先ほどの正面の階段を昇り、屋上へ!

 

エレベーターがすぐ横にありますが、階段も見ごたえがあるので、気合で昇りましょう!

 

6階には展示室もあり

 

他のフロアの雰囲気も感じつつ、階段をのぼるのぼる。

 

やや息が切れたところで6階へ到着。

左手すぐに展示室が、正面奥に屋上へのドアがあります。

 

展示室は、まあ割と地味な感じは否めませんw

 

しかし私はこう思いました。

階段横の窓の雰囲気が素敵やん…(←展示室関係なし)

 

 

展示室には横浜周辺の歴史的な建造物をまとめたマップがあるのですが、

それはとっても見やすく参考になりましたよ。

 

では、いざ屋上へ!

 

〆は屋上!クイーンの塔も見えます!

 

屋上に出ました!

 

広々としており、グルっと歩き回れます。

 

クイーンの塔が見える位置まで移動し、いざシータ(Theta)さんでVR撮影。

 


全画面表示

 

データを軽くするため少し画質を落としているのですが、クイーンの塔の奥には港や赤レンガも見えますね。

 

私は一生懸命隠れてますので探さないでください。

 

まとめ

さて、キングの塔のご紹介はいかがだったでしょうか。

外観は見たことあっても、意外と中まで入った事は無い方が多いと思います。

 

平日は1階部分と6階展示室、屋上のみの開放ですが、

期間限定で普段は公開していない知事室や貴賓室の公開も行っているそうです。

 

ご興味のある方はこちら

 

今後も横浜の歴史的な建築物は取り上げていきたいと思います。

ではでは、今回はここまで。

 

☆インスタグラムもやってます☆

 

←前の記事”【横浜×VR撮影】横浜のおススメ観光スポット紹介①~中華街編~”へ

→次の記事”【横浜×VR撮影】横浜の歴史を楽しめる無料観光スポット紹介③~横浜開港資料館編~”へ

【横浜×VR】一覧ページ

 

The following two tabs change content below.
seiko.
ストリートビューのカメラマンをしています。趣味は食べ歩き。良い感じの喫茶店に出会うと胸がときめきます。目標はどんな場所でも一件は「この辺ならココが美味いんだよねー」ってなることです。人見知りするくせにひとり旅が好きで困ってます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*