ヨコハマ×VR

【横浜×VR】無料で楽しむ!横浜観光案内~野毛山動物園の魅力①~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料で入園できるアットホームさが魅力の野毛山動物園に行ってきました!


全画面表示
こんにちは、せいこです。

横浜のおすすめスポットをTheta(360度カメラ)で撮影し、360°VRブログとして発信していく「ヨコハマ×VR」。

 

今回は、無料で入園できるという何とも太っ腹な動物園「野毛山動物園」をご紹介します!

 

無料といえど侮ることなかれ。

ライオンさんもトラさんも、キリンさんだっているのです!サイコーかよ。

 

太い前足のフサフサの毛をもつ大型のネコ科の動物をこよなく愛する私には、ライオンとトラという2大アイドルが居てくれるだけで感謝感激雨ア~ラシ~、ア~ラシ~、フォードリーム~♪です。

 

連日気温が35℃近くまで上がるという猛暑日が続くなか、「こんな炎天下じゃ私も元気ないし、動物たちも絶対元気ないだろうな~」と予想したうえで行ってきました。

 

結果、はしゃいで写真と動画を撮りすぎたため1回にまとめきれず、2部構成でお送りすることとなりました。てへへ。

 

前編では野毛山動物園の概要と魅力を、後編では動物達をカテゴリーごとに紹介していきたいと思います。

 

それではまず、暑さによりぐったりした私がお送りするぐったりした動物たちレポート【前編】をお楽しみください。

 

もくじ

・野毛山動物園について

・野毛山動物園までのみちのり

・いざ入園

・ほっこり山動物園

・ぐったり山動物園

・次回は

 

野毛山動物園について

野毛山動物園 広場

≪野毛山動物園≫
住所:神奈川県横浜市西区老松町63−10
TEL:045-231-1307
開園:9:30~16:30(入園は16:00まで)、月曜休み
HP:http://www.hama-midorinokyokai.or.jp/zoo/nogeyama/

 

野毛山動物園は、昭和26年(1951年)に開園した横浜市西区の野毛山公園内にある動物園です。

 

入園料は無料で、園内には動物たちが約100種類、人気のライオンやトラ、ペンギンやキリンなどに加えて爬虫類や鳥類など多くの動物達がおり、鶏やモルモットとの触れ合いコーナーもあるので子供から大人まで楽しむことができます。

 

 

最寄りの駅は「桜木町」か「日ノ出町」で、あまり本数は多くありませんがバスも運行しています。

 

ではさっそく行ってみましょう。

 

野毛山動物園までのみちのり

野毛山動物園 看板

 

桜木町から7~8分ほど歩くと、交差点の奥に「野毛山公園」が見えてきます。

 

そこから公園沿いの細道、もしくは公園内を進んでいきましょう。

 

野毛山公園

 

個人的にはせっかくなので公園内の自然を見ながら歩くのがおすすめですが、カラスが多いので苦手な方はやめた方がいいかもしれません…。

 

公園内の道にはいくつも方向を示すサインが設置してあり、このサインがまた素敵なのです。

 

野毛山動物園 看板2

 

色んな動物のパターンがあるので、良ければ色々探してみてください。

 

しばらく進むと、見えてきました。かわいい動物たちのキャラクターが迎えてくれます。

 

野毛山動物園 入り口付近

 

入り口の手前に桜木町駅行きのバス亭があるので、帰りが心配な方は先に時間をチェックしておくと良いと思います。あまり本数はないので…。

 

野毛山動物園 バス 時刻表

 

いざ入園!

野毛山動物園 入口

 

到着!

さっそく入ってみましょう。

 

入り口に係の方というか警備員さんのような方がいますが無料ですので、そのまま入って大丈夫です!

 

マップが置いてあったのでゲットしておきました。

 

野毛山動物園 マップ

 

入り口すぐにお土産ショップがありますが、とりあえず置いといて、ぐるっと一周していきましょう。

 

炎天下のなか坂道を歩いてきたので、すでに少しぐったりしてますが、気合いとライオンへの愛で乗り切りたいと思います!

(※園外にも園内にも自販機がありますので、しっかり水分補給しながら楽しみましょう!)

 

まずは野毛山動物園の最大の魅力である「ほっこり」感についてお伝えしたいと思います。

 

ほっこり山動物園

野毛山動物園 掲示板

 

こちら入り口進んですぐの所にある掲示板。

 

園内には至るところにこのような掲示板があり、野毛山動物園の歴史についてや、各動物たちの名前や生態などが掲示されています。

 

これがまた手作り感と動物たちへの愛に溢れていて何とも「ほっこり」するんですね~。

 

例えばこちらは園内で季節ごとにおこなっているイベントの紹介とか、

 

野毛山動物園 掲示板2

 

国内で初めて野毛山動物園で繁殖した動物達がこんなにいるよとか(←結構すごい)、

 

野毛山動物園 掲示板3

 

特にほっこりしたのがこちら、

 

ツキノワグマ 掲示板

 

ツキノワグマについてイラストで子供たちにも分かりやすく解説しています。

 

ついつい読んでほっこりしたくなりますね。

 

では、つぎに暑さでぐったりしちゃっている愛すべき動物さん達に会いにいきましょう。

 

※決してディスってるわけでも馬鹿にしているわけでもありません。愛です。

 

ぐったり山動物園

ぐったり ライオン

 

はい、こちらがぐったりライオンさんです。なかなか外には出てきてくれません。

 

人間だって連日の暑さでぐったりしているわけですがら、動物達がぐったりしているのも当然です。

なんなら期待通りです。

 

そう、この「ぐったり感」を「元気に外で過ごしている動物さんが見られない!」と嘆くのではなく、「そうですよねぇ、こんな暑いとぐったりしますよねぇ。ええ、ええ、気持ちは分かりますよ。(←誰)」と楽しめば良いのです。

 

さて他にぐったりしている方は…

 

①ぐったりレッサーパンダさん

レッサーパンダ 不在

 

はい。不在です。

 

寝室を見てみると…

 

レッサーパンダ 寝室

 

ん?いる…?

 

あ、かろうじて見えますね。居ます。

 

写真を撮ろうと必死な私のほうがどう考えてもクッキリしてますけど、よく見ると茶色のモフモフが見えます。

 

②ぐったりタヌキさん

ぐったり タヌキ

 

箱の中で寝ちゃってます。

 

寝姿かわいい。

 

③ぐったりアカエリマキキツネザルさん

ぐったり キツネザル

 

最初「え?生きてる?」というくらい全員がぐったりしておりましたが、

 

粘っていたら1匹だけ起き上がって動いてくれたので、思わずシャッター切りました。

 

ぐったり キツネザル2

 

そっと置いてある手が萌えますね。

 

④ぐったりワラビーさん

ぐったり ワラビー

 

木陰でのんびりぐったり。

 

⑤ぐったりミナミコアリクイさん

ぐったり ミナミコアリクイ

 

こちらも不在。この辺になってくるともう慣れたもんです。

 

ということで、寝室を見てみましょう。

 

ぐったり ミナミコアリクイ2

 

お、レッサーさんよりはハッキリ見えますね。

快適なお部屋の中でスヤスヤ眠っているようです。

 

お部屋で休まれていると、ハッキリと姿が見えないのが残念なのですが、「ありのままの動物達の姿」を展示するのが動物園なわけですから、これで良いのです。

 

ある意味夏季限定かもしれない「ぐったりアニマル」達の様子を楽しみましょう。

 

もし、お目当ての動物がいるなら、夏の間は早朝か夕方以降に訪れるのが良いかもしれませんね。

 

ということで、前編では野毛山動物園の概要と、「ほっこり」と「ぐったり」という2つのキーワードから見どころをお伝えしてきました。

 

次回は


全画面表示

 

読んでいる方までぐったりさせたら申し訳ないので、最後に涼し気なペンギンさん達のVRで締めます。

 

次回、後編ではエリアごとに動物達をご紹介!

 

ライオンさんの鳴き声(吠え声?)もばっちり撮れました。

他にもまだまだ動物達の様子をお届けしますので、お楽しみに~。

 

←前の記事”【横浜×VR撮影】YCC横浜創造都市センター~ネイバーズ・ランド~へ行ってみた。”へ

→次の記事”【横浜×VR撮影】無料で楽しめる横浜観光案内~野毛山動物園②~”へ

→【横浜×VR】一覧ページ

The following two tabs change content below.
seiko.
ストリートビューのカメラマンをしています。趣味は食べ歩き。良い感じの喫茶店に出会うと胸がときめきます。目標はどんな場所でも一件は「この辺ならココが美味いんだよねー」ってなることです。人見知りするくせにひとり旅が好きで困ってます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*