ヨコハマ×VR

【横浜×VR撮影】横浜の歴史を無料で楽しむ!横浜散歩~西洋館巡りpart1~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽しすぎる!横浜西洋館巡りに行ってきました。


全画面表示

 

こんにちは、せいこです。

 

横浜ぶらりVRの旅。

今回はずっと行きたかった横浜の西洋館巡りをしてきました!わーい。

 

横浜の「山手」と呼ばれる高台になっている地域には、大正から昭和初期頃に建てられた(移築を含む)西洋館が今でも多く残されています。

 

主に石川町駅から、元町・中華街駅近くの港の見える丘公園あたりですね。

 

かつて外国人居住者の方達のために建てられた素敵な西洋館たち。関東大震災の時にほぼ消失してしまいましたが、その後再建・移築され、今でも無料で見られる観光地として、イベントなどのホールとして、地域の皆さんに愛されています。

 

全てを1日で回りきるのは難しそうだったので、第1回として本日は山手イタリア山公園内にある「ブラフ18番館」「外交官の家」をご紹介したいと思います!

 

もくじ

・山手イタリア山公園とは

・ブラフ18番館

・素敵すぎてつらい

・個人的なツボ

・外交官の家

・素敵すぎてつらいpart2

・個人的なツボpart2

・写真撮りすぎたのでまとめました

・感想

 

山手イタリア山公園とは

山手イタリア公園 入り口

≪山手イタリア山公園≫

住所:横浜市中区山手町16

TEL:045-662-8819(外交官の家)

HP:http://www.hama-midorinokyokai.or.jp/park/italia/

 

こちらが2つの西洋館を見学することが出来る「山手イタリア山公園」の入り口です。

 

この日、あまりに西洋館の素敵さに興奮して写真撮りまくってしまった結果、ブログが長くなりそうだったので道中は割愛させて頂きました。

 

入り口横には園内マップが…。

 

山手イタリア公園 マップ

 

山手エリアは坂や階段が多く、長く歩くのは結構疲れるのですが、ここはこの公園内だけで2つの建物を楽しむことができ一石二鳥(一山二ビルディング)です。

 

高台になっているので、眺めもよいですよ!

 


全画面表示

 

緑も多くなんだか平和な雰囲気。お天気が良ければ絶好の散歩スポットです。

 

山手イタリア公園3

 

では早速1つ目の「ブラフ18番館」を見に行きましょう!

 

ブラフ18番館

ブラフ18番館1

≪ブラフ18番館≫

住所:同上

TEL:045-662-6318

時間:9:30〜17:00(※7月と8月は18:00まで)

休館:第2水曜日(祝日の場合はその翌日)、年末年始(12/29~1/3)

HP:http://www.hama-midorinokyokai.or.jp/yamate-seiyoukan/bluff18/

 

はい、こちらがブラフ18番館です。

白い外壁に緑の窓枠とオレンジの屋根がとってもお洒落ですね。

 

実はこの向かいのお庭部分にミニチュアの西洋館達が並べてあるのですが、

 

ブラフ18番館2

 

ほら、そっくり。

 

ブラフ18番館3

 

かわいいですね!(すでに興奮気味)。

 

中も無料で見学できますので、行ってみましょう。

入って左側が建物の見学可能箇所で、右側は色んな展示をするホールになっています。

 

スリッパに履き替えて見学しますので、脱ぎ履きしやすい靴で行くのがおススメですよ。

 

素敵すぎてつらい①

ブラフ18番館4 廊下

 

廊下はこんな感じです。

 

中は白の壁にきれいなミントグリーンの装飾で統一されており、とっても素敵。

大きめのドアや窓枠といいザ・洋風という感じですね。

 

青系、特にミント色をこよなく愛する私にはこの配色がツボすぎて、この時点ですでにやや苦しくなってきました。素敵すぎてツラい…。

 

リビングがまた素敵です。

 

ブラフ18番館5 リビング

 

写真を撮る手が止まらない…。どんどん熱くなってくるスマホ…。

 

ブラフ18番館6 サンルーム

 

陽がよく入るように廊下全体が窓になっています。

飾ってあるお花も素敵…。

 

2階にも部屋があり、そちらも見学できます。

 

ブラフ18番館9 ベッドルーム

 

こちらはベッドルーム。

窓にかかってるやつ(これもカーテンというのかな?)や、ベッド脇の時計も凝ったデザインで目を楽しませてくれます。

 

個人的なツボ

ブラフ18番館7 階段

 

今回も細かい私のツボ紹介をさせて頂きます。
あ、壺をお見せするわけではありませんからね。あしからず。

 

↑①階段のお花

そもそもこういう歴史ある建物の階段自体すごく好きなんですが、そこにお花を飾るという心づかいとセンス。にくいぜ。

 

ブラフ18番館8 コンセント

 

②コンセントカバー

コンセントも部屋の雰囲気に合うようなややアンティークっぽい金色のカバーなんです。

 

まだまだ素敵ポイントはありますが、これだけで終わってしまいそうなのでこの辺でもう一つの「外交官の家」に向かいましょう!。

 

帰り際に西洋館マップなるものを発見しました!

 

ブラフ18番館10 西洋館マップ

 

これとGoogleマップがあれば迷わず回り切れそうですね!

 

外交官の家

外交官の家1 正面

 

さて、ブラフ18番館を出て階段を少し昇ると左手に並木道が現れます。

 

外交官の家2 並木道

 

この素敵な並木道を通り抜けて右手の門を通れば「外交官の家」に到着です。

 

 

お家の正面には庭が広がっていて、そこから建物に向かって正面右側の黄色い家部分が見学スペース、左のガラスで造られた部分は入り口(受付)と喫茶ルームを兼ねたスペースになっています。

 

2つの間の茶色い和風建築っぽい部分が気になりますが、とりあえず入ってみましょう。

 

中に入ると色々な説明書きや、模型が迎えてくれました。

 

外交官の家4

 

それによると、ここ「外交官の家」はもともと山手にあったわけではなく、明治政府の外交官内田定槌氏の邸宅として、明治43(1910)年に東京渋谷の南平台に建てられたものだったそうです。(詳しくは公式HPへ

 

それを山手イタリア山庭園に移築したわけなんですねー。

 

この時代には洋館と和館を併設する様式が流行していたらしく、先ほど見かけた茶色い和風建築っぽい部分は現存する和館の一部のようです。ただ、移築されたのは洋館のみで、現在の和館部分は喫茶スペースとして新しく作られたものになっています。

 

さてひとしきり説明を終えたところで、中を見ていきましょう!

 

素敵すぎてつらいpart2

外交官の家5 広間

 

はい、またすぐ素敵がやってきましたね。

ここでも写真を撮りまくり、もうスマホの電池が30%を切っております…。

 

それでもやまない素敵攻撃。

ステンドグラスのドア+日差しが入る素敵な階段があらわれました。

 

外交官の家6

 

階段の珍しい模様の装飾を眺めつつ、2階に行ってみましょう。

 

外交官の家7 書斎

 

ここは書斎です。暗めのブラウンの床と机に映えるブルーの絨毯がすてき…。

 

そのうえ机の後ろにあるイスや奥の左側の棚もいい具合に年季が入っていてかっこいいんです。

 

隅々まで堪能したら、次はベッドルームへ。

 

外交官の家8 ベッドルーム1

 

こちらはピンクを基調としたかわいらしい雰囲気。

でも、見てください、左端に見えているベッド。これがまた素敵なんですよー。

 

いちど360°VRで見てみましょう。

じゃん!

 


全画面表示

 

うんうん。360°で見ても素敵です。

 

部屋の窓から素敵な中庭が見えました!

 

外交官の家11 中庭1

 

あとで絶対あそこで撮らなきゃ。

 

さらに奥の部屋には資料室のようになっているお部屋もあり、この場所で撮影されたと思われる記念写真達も飾ってありました。

 

外交官の家12

 

この一番上の写真がなんとなく気になったので調べてみると、なんと1954年のストックホルムで開催されたオリンピックに初めて日本の陸上選手としてマラソンに参加された金栗四三さんと三島弥彦さんが写っておりました。

 

全然知らずに撮っていましたが、すごい人達だった…。

 

長椅子に腰かけているのが三島さん、前の椅子の左から二番目が金栗さんですね。

 

この三島さんの長椅子に腰かけたような座り方というか写り方が少しカジュアルな感じで力が抜けていて、良い雰囲気だなと思って気になったんですよね。昔の写真て皆きっちり座っているイメージだったので…。

 

ではここでまた個人的にハマったツボ紹介。

 

個人的なツボpart2

外交官の家9 ベッドルーム2

 

①ベッドがかわいすぎる
金のパイプがなんとも豪華!

かわいらしさだけでなく、ゴージャスさと品の良さを併せもってますね(ベタ褒め)。

 

外交官の家10 バスルーム

 

②バスルーム
バスルームもしゃれおつ!インテリア雑誌の表紙でありそう…。

 

写真撮りすぎたのでまとめました

西洋館巡り コラージュ1

 

写真撮りすぎて載せきれなかったのでポストカード風にまとめてみました。

 

上はブラフ18番館。地球儀とか帆船の模型とか古地図とかいちいちツボをくすぐってくるアイテムたち。

 

西洋館巡り コラージュ2

 

こちらは外交官の家。キャンドルとか青のレザーチェアとかキリムっぽい椅子とか…、どれだけ素敵って言わせれば良いのでしょうか。

 

感想

外交官の家12 中庭からの風景

 

まとめとしては「素敵が過ぎる」といったところでしょうか…。

 

見学後は併設する喫茶室で庭を眺めながらゆったりお茶でもしたら完璧な休日になりそうです。

 

ただ若干この中庭の川の匂いが気になりましたが…。

あったかくなると水場に虫が湧いちゃうあるあるですね。

 

無料で楽しめるうえに、素敵なお庭でティータイムまで出来ちゃう西洋館めぐり。

皆さまもぜひぜひ行ってみてください!

 

←前回の記事”【横浜×VR撮影】桜だけが花見じゃない!~花見の名所掃部山公園に行ってみた~”へ

【横浜×VR】一覧ページ

 

The following two tabs change content below.
seiko.
ストリートビューのカメラマンをしています。趣味は食べ歩き。良い感じの喫茶店に出会うと胸がときめきます。目標はどんな場所でも一件は「この辺ならココが美味いんだよねー」ってなることです。人見知りするくせにひとり旅が好きで困ってます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*